NOSAI広島 文字の大きさ 大きく 小さく
ホーム サイトマップ お問い合わせ
NOSAIの事業
HOME >> 事業紹介 >> NOSAIの事業 >> 家畜共済
NOSAIの事業
NOSAIの7つの事業
農作物共済
家畜共済
果樹共済
畑作物共済
園芸施設共済
建物共済
農機具共済
収入保険事業
損害防止事業
家畜臨床研修所・家畜診療所
ADOBE READER
家畜共済
 
加入

家畜共済には「死亡廃用共済」と「疾病傷害共済」があり、それぞれ次の単位で加入できます(加入の単位ごとに全頭加入です)。なお、出生後第5月の月の末日を経過しない牛および牛の胎児は加入が選択できます。

加入資格

牛、馬、種豚、肉豚のいずれかについて養畜の業務を営み、広島県内に住所を有していること。

加入の単位

【死亡廃用共済】

搾乳牛・・・・・・・・

満24月齢以上の乳牛の雌で搾乳を目的に飼養されるもの

育成乳牛・・・・・・

満24月齢未満の乳牛の雌および乳用種の胎児

繁殖用雌牛・・・・

満24月齢以上の肉用牛の雌で繁殖を目的に飼養されるもの

育成・肥育牛・・

搾乳牛、繁殖用雌牛、育成乳牛、種雄牛のいずれでもない牛および乳用種でない胎児

種豚・・・・・・・・・・

出生後第5月の月の末日を経過した豚で繁殖を目的に飼養されるもの

肉豚・・・・・・・・・・

出生後第20日の日(離乳していない場合は離乳した日)に達した豚

※群単位肉豚は出生後第8月の月の末日を経過しないものに限ります。

【疾病傷害共済】

乳用牛・・・・・・・・

乳牛の雌

肉用牛・・・・・・

乳牛の雌以外の牛

種豚・・・・・・・・・・

出生後第5月の月の末日を経過した豚で繁殖を目的に飼養されるもの

 

このほか、死亡廃用共済では種雄牛、繁殖用雌馬、育成・肥育馬、種雄馬が、疾病傷害共済では一般馬が加入できます。

 
対象となる事故

【死亡廃用共済】

肉豚を除く家畜の死亡及び廃用、肉豚の死亡を補償します。肉豚を除く家畜では一定の基準に適合する場合、事故の一部を除外することができます。なお、牛の胎児は授精または移植の日から240日を経過しものに限ります。

※国の定めた基準によって事故として扱う。

【疾病傷害共済】

疾病及び傷害に係る診療費を補償します。

 
責任期間

特定の期間を定めた場合を除き、共済掛金を納入した翌日から1年間です。ただし、継続加入の場合は共済掛金期間満了日の翌日から1年間です。

 
共済金額

共済金額は補償の限度額です。個体評価額の合計※1と選択された補償割合に基づいて計算します。

【死亡廃用共済】

共済金額は個体評価額の合計※1の2割(肉豚は4割)から8割の範囲で選択できます。事故が発生した場合には、この選択割合で共済金を計算します。

【疾病傷害共済】

共済金額は個体評価額の合計(頭数×50万円が限度)に国が定める限度率を乗じた額を上限に選択できます。事故が発生した場合には、組合がお支払いした共済金の累計が共済金額を超えるまでは診療費の全額※2を補償します。

※1  群単位肉豚では飼養区分ごとの個体評価額の合計

※2  2020年1月1日以降の加入からは初診料を含めた診療費の9割

 
共済金の支払い

共済掛金は農家ごとの過去の事故発生状況に応じた共済掛金率を共済金金額に乗じて計算します。牛と馬は5割、豚は4割の共済掛金を国が負担します。

※農家ごとの被害(共済金の支払い)程度に応じて、掛金率の高低を段階的に設定する危険段階別共済掛金率を導入しています。

 

1.死廃事故

共済金=(事故家畜の評価額-肉皮等残存物価額・補償金等)×事故発生時の補償割合

※過去3年間の被害率が適用除外基準率を超えた農家が支払限度対象農家となり、引受時の共済金額に支払限度率を乗じた金額が支払限度額となり、その額を超えての支払ができなくなる場合があります。

2.病傷事故

病傷共済金給付限度額の範囲内で支払われ、初診料、病傷共済金給付限度額を超えた診療及び給付以外医薬品は、農家負担です。

※病傷共済金給付限度額とは、病気やケガのとき診療が受けられる金額で、家畜の種類、共済金額によって決まります。

 
こんなときには共済金の支払いはできません

病気の原因が加入する前に生じていたときや、飼養管理失宜が原因で事故になったときは共済金の支払いができない場合があります。

 
Copyright (C)2009 NOSAI HIROSHIMA All Right Reserved.